Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

多汗症

多汗症の症状から読み解く!【私も多汗症かも?】

多汗症の症状から読み解く!私も多汗症?

・昔から人と比べて自分が汗がすごい。

・緊張すると滝のような汗が出てくる。

・手汗が気になって人と握手するのが苦手。

・授業で当てられたり発表するのが苦手。

・手汗がすごくてスマホが濡れる。

こんな症状に悩んでいませんか?

ただの汗っかきだと思ってきたけれど、実は多汗症という病気かもしれません。

多汗症の方の多くは子どものころから発症しているようです。

多汗症の症状は、精神的な心配事などとも密接に関係していて、緊張している時や心配事を考えているときなどに大量の汗が出てくる症状が見られます。

自分でコントロールできないのがつらいところですよね。

それでは多汗症について詳しく見ていきましょう。

多汗症の種類とは?

多汗症には2つの種類があります。

①局所多汗症

体のある部位だけが大量に発汗する症状

原因は、特に原因がない原発性、腫瘍、外傷、神経障害などがあります。

②全身性多汗症

体の全体から大量に発汗する症状

原因は、神経疾患、内分泌代謝異常、感染症などが考えられます。

多汗症の患者さんで最も多いのが、手汗・足汗・脇汗で悩んでいる人達です。
多汗症じゃない人ではありえないほどの汗をかいてしまって、人前に出るのが苦手になる人も多くいらっしゃいます。

仕事や学校生活にも不安があるほどなので、自分に合った方法を見つけて治療したいですよね。

 

多汗症に最も多い【原発性局所多汗症】の原因とは?

原発性局所多汗症になる原因はまだ確実にはわかっていませんが、原発性局所多汗症の疾患のある人は他の人よりも発汗を促す交感神経が過敏ともいわれています。

また、遺伝性の可能性もあります。
海外の研究で、多汗症患者の人の家族にも同じ症状で悩みを抱える人がいないか調べた結果、約65%家族内に同じ疾患を持つ人がいることがわかりました。
そのことからも、遺伝性のものがある可能性が指摘されているのです。

また、日本でも重症の多汗症患者の人の遺伝子を分析したところ、多汗症の原因遺伝子が確認されたという報告があります。

多汗症重症度チェック!

自分の多汗症の重症度はどのくらいなのでしょうか。どんな治療をしていくのが効果的なのかを知る上でも、判断基準となります。

①特に汗が気にならない。

②少し汗が気になるけど、がまんできる。

③しばしば気になるけど、なんとか耐えられる。

④常に気になって仕方ない。到底、耐えられない。

あなたはどれに当てはまりますか?

③と④の症状の人は、多汗症の中でも重症と判断できます。

多汗症の治療法

患者さんの多汗症の重症度によってすすめられる治療法は違ってきます。

皮膚科でよく行われる治療法

皮膚科で予億行われる治療法には次のようなものがあります。

・塩化アルミニウムの塗り薬を使う

最もよく処方されるのがこの塩化アルミニウムの塗り薬です。
根本治療ではなく、対処療法になりますので、塗り続けないといけません。

また、副作用として刺激性皮膚炎を起こす可能性があります。
その場合、使用をやめるかステロイドをつけて対処します。

 

・飲み薬を飲む

抗コリン剤という錠剤を服用する治療法です。

 

・イオントフォレーシス治療

一言でいうと、電気療法です。水をはったトレイに患部をつけてイオントフォレーシス装置から電流をながすことで発汗をおさえていくという治療法です。
こちらも、初期段階でよくする治療法になります。

 

・手術

胸部にある交感神経説をとる手術です。重度の多汗症の人にすすめられる治療法です。
この方法は、他の個所から汗が出やすくなるなどの副作用がある事例もあるため、手術をするのは抵抗がある人も多いようです。
手術の前に医師とよく話し合って自分が納得できてから決めるのがいいでしょう。

この中でも最も副作用の心配がなく、効果も期待できるのが【イオントフォレーシス】という治療です。

皮膚科で受けることができるのですが、ひとつでメリットがあります。
それは、週に2~3回づつ半年~1年ももしくはそれ以上続けていく必要があることです。

普段仕事を持っている人や学校に通っているひとにとって、かなりの頻度で通院することは負担になってきます。
そのため、効果が実感できる前に治療に行かなくなってしまうひとも多いようです。

実はこのイオントフォレーシス、自宅で使える機器をある海外メーカーから直輸入することができるんです。
自宅でイオントフォレーシスが受けられれば、通院する時間的拘束がなくなるのでしっかり治療することができると評判になっています。

通院を続けるのを断念した人、忙しくてそもそも病院に行けないという人は一度チェックしてみることをおススメします。

▼あなたにおすすめの記事▼

>>>イオントフォレーシス治療器『saalio』で手汗・脇汗は治る?効果は?

 

手汗・足汗・脇汗 多汗症の原因とは?

手汗 足汗 脇汗 多汗症の原因は?

手足の多汗症という病気を聞いたことがありますか?
多汗症って一言で聞くと、汗っかきと思われがちですが、病気の可能性もあるのです。

症状としては、脇の下や、足の裏、手のひら、顔の周りに異常に汗をかく病気のことをいいます。
ただ汗をかく、ということだったら汗っかきで終わるかもしれませんが、この多汗症という病気になってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうほど、汗をかいてしまうこともあるのです。

例えば、手のひらの場合ですと、汗をかきすぎてしまって、ノートや資料が濡れてしまう。
手のひらに汗をかきすぎて、人と握手も出来ない。

など、様々な場面で支障をきたしてしまうこともあるのです。

この多汗症という症状に、悩んでいる方が人口の3%位いらっしゃるといわれています。
特に多いのが、手足の多汗症について悩んでいる方が多いのです。

多汗症の原因

では、この多汗症の原因はどういったものなのでしょうか?
原因というのは一言でいうのは難しいのですが、人それぞれ原因が異なるようです。

大体の人は家でリラックスしているときや睡眠時というのは、副交感神経が優位になっているのですが、この多汗症の方は家にいるときも、睡眠時も関係なく、交感神経の反応が強く出てしまうということがいわれています。

この交感神経がなぜ強く出てしまうかというのも人それぞれ違うのですが、精神的なストレスを抱えてのものであったり、遺伝であったり、ホルモンバランスの乱れ、その時におかれている環境によって、と様々な理由が考えられるのです。

ただ、多汗症と悩んでいる中でも、根本として病気が原因になっている場合もあるのです。

病気が原因になっている場合は、根本の病気自体を治療する必要があります。

バセドウ病であったり、自律神経失調症、糖尿病、急性リウマチ、結核、ガンなどの原因が考えられるのです。
こういった病気が原因の多汗症については、根本の病気が治れば、多汗症も治癒するので、きちんと病気を治すようにしましょう。

ホルモンバランスの場合

ホルモンバランスとは色んな現象があるのですが、その一つとして、ホットフラッシュと言われている暑くもないのにのぼせてしまったり、やたら汗をかいてしまうという、多汗症の症状が出てきます。

精神的なストレスの場合

精神的なストレスが原因の多汗症については、強い緊張やストレスを抱えることによって一気に汗が出てしまう多汗症もあります。
精神性発汗という言葉があるとおり、精神的ストレスと汗というのは大きく影響があるのです。

生活習慣の乱れの場合

食生活や生活習慣の乱れが多汗症の原因となる場合もあるのです。
特に肥満体型の方は多汗症になるケースも少なくはないです。

皮下脂肪の影響で、体に熱がこもってしまうので、汗として大量に外に放出するということがおこるのです。
また、食生活でも塩分や脂質が多く含まれるものを食べていると、汗が出やすくなります。

 

まとめ

実際、多汗症の原因というのは様々な要因が考えられますが、多汗症かも知れないと思った時に、原因としてあげられるものを考えて対処することが出来れば、多汗症の症状も和らぐかもしれません。
これを機に、ご自分の体調や生活環境などについて見直してみるのもいいかもしれません。

脇汗、手汗、足汗ひどい。多汗症治療6選【最新版】

脇汗、手汗、足汗ひどい。多汗症治療6選

脇汗がひどいとグレーのTシャツなんてとてもじゃないけど着れません。
オシャレの幅も狭まる脇汗は本当につらいです。

手汗がひどいと人と握手したりもできません。それに、パソコンやスマホが壊れることも…。

足汗がひどいと人のおうちに招かれたときは上がるのを躊躇してしまいますよね。
臭いも気になって靴を脱ぐのが苦になります。

そんな悩みの深い多汗症の最新の治療法を6つ厳選してみました。
あなたに合う治療法はどの方法でしょうか。

 

1.塩化アルミニウムを塗る治療法

皮膚科などでよく多汗症の治療で処方される塗り薬で塩化アルミニウムが主成分のものです。

塩化アルミニウムが汗の水分に反応して汗線を防ぎ、発汗量を減らす効果があります。

ただ、緩和する療法になりますので簡単に行えますが根本的な解決とはならないのがデメリットと言えます。

2.抗コリン剤を内服する治療法

抗コリン剤を内服する治療法で多汗症治療でよく処方されます。

発汗を促すアセチルコリンという物質の働きをおさえる効果があり、多汗症の症状を緩和する方法になります。

お子様などに服用される際などは特にお医者さんの指導に従って服用させてあげてください。

3.イオントフォレーシス治療

イオントフォレーシス機器につないだトレイに水をはり、手足などの患部をつけて電気を流す治療法です。
水に電気をながすことで発生する水素イオンにより、汗腺をちいさくし汗を出にくい体質にする治療法になります。

皮膚科やクリニックでも第一段階ですることの多い治療法です。効果的な治療法なのですが、通院を長期間にわたりする必要があります。そのため、通うのが億劫になり途中でやめてしまうひとも。

ですが効果は出やすいので海外から家庭用のイオントフォレーシスを輸入するひとも増えてきています。

4.ボツリヌス菌の注射治療

交感神経から発汗を命令するアセチルコリンのはたらきや筋肉の収縮をおさえることで、発汗神経に働きかけ汗腺のはたらきを抑える効果があります。
主に美容クリニックでの治療が可能です。

5.超音波により汗腺を破壊する治療

ミスドライともよばれる治療法で、超音波により汗腺を破壊し発汗を抑える治療法です。
体にメスを入れないので、比較的患者さんの負担が少なくてすみます。

6.交感神経切除手術

多汗症の治療法で有名な手術です。
交感神経を切除して、汗を出なくする治療法です。
全身麻酔をし、内視鏡を使って胸部の交換神経節をとります。
多汗症の完治が期待できる治療法ですが、術後のケアなどきちんと行ってくれる病院を慎重に選ぶ必要があります。
また、メスを入れるので体への負担が大きいのがネックです。

いかがでしたでしょうか。
最新版の多汗症治療法6選を紹介してきました。

これらの治療法の中で、手術による治療は完治する可能性は高いと言われていますが、全身麻酔によるメスを入れる手術になりますので、体への負担も大きいですよね。

体にメスを入れない方法で効果が期待できる方法のイオントフォレーシス治療は人気です。

イオントフォレーシス治療は皮膚科やクリニックで治療できます。ただ、デメリットが週に何度も治療に通わなくてはいけないこと、長い期間かかることです。

そのため、自宅で自分で出来るイオントフォレーシス機器を購入するひともいます。
家で自分で出来たら、途中であきらめたりすることもなく、最後までしっかり治療できますよね。

多汗症は遺伝的なものもあると言われていますので、家族で悩んでいる人がいるご家庭ではイオントフォレーシス機器が一家に一台あると、家族みんなで治療できるのもメリットと言えますね。

日常生活の中であなたに負担の少ない治療法を選んで、多汗症を治して快適な生活が送れるようになることを祈っています。

イオントフォレーシスを自宅で使用してみたい方は、こちらにまとめた記事も読んでみてくださいね。
↓↓↓

イオントフォレーシス治療器『saalio』で手汗・脇汗は治る?効果は?