イオントフォレーシスで効果ない人の共通点とは?

Pocket

多汗症治療で一般的に行われているイオントフォレーシスで効果ないという人も中にはいます。

イオントフォレーシスで効果ない人の共通点はどんなところなのでしょうか?

イオントフォレーシス治療で効果ない人の共通点

イオントフォレーシスで効果抜群という人もいれば、効果ないという人もいてこれからイオントフォレーシス治療を受けようと思っている人は迷ってしまいますよね。
そんな人の選ぶ目安になればと思いますので、参考になれば幸いです。

使い方は合っている?

結構多いのが使い方が間違っている場合。
日本でイオントフォレーシス機器は個人向けに販売されていないため、海外からの個人輸入によって自宅でイオントフォレーシス治療を自分でされている人も増えてきています。

メーカーによっては日本語の説明書つきのものもありますが、すべて英語での記載のみのものもあります。

その場合、使い方を間違えている場合があるので注意が必要です。
英語に自信がない人は、こちらの日本語の説明書つきで日本語サポートつきのメーカーを選ばれた方が安心です。

>>>日本語サポートつきのイオントフォレーシス家庭用はこちら

イオントフォレーシスの治療期間は足りている?

これもよくありがちですが、イオントフォレーシスは多汗症に効果がある治療法で知られますが、十分な効果が出てくるまでに時間を要します。

そのため、すぐに効果を実感できないからとすぐに治療をやめてしまったり、一度効果が出たから安心してやめてしまったり…という人が意外と多いのです。

でも、イオントフォレーシス治療は多汗症に効果が出てくるまでの期間は人それぞれ違うので、どれくらいの期間治療したら万全とは言い切れません。

また、一度よくなったからとすぐにやめると逆戻りしてしまいます。

イオントフォレーシスで大切なことは、

・効果が出てくるまでは週に2~3回は治療すること

・効果が出てきても週に1回程度の治療はつづけること

なんです。

そのことをしっかり頭にいれてイオントフォレーシス治療を行うようにしてください。

あなたの多汗症の程度は知ってる?

多汗症には3段階のグレードに分けられています。

グレード1

手が湿っているのが確認できるが水滴は見られない

グレード2

水たまりが確認できる。水滴もある。

グレード3

手から汗が滴り落ちる。

あなたの多汗症の進行度はどの程度かご存知でしょうか?
心配な場合は、皮膚科を受診され多汗症の診断をしてもらうといいですよ。

問診や視診や発汗計で測定をして、あなたの多汗症の度合いを見極めます。

皮膚科に多汗症治療で受診して聞かれることは、どこの発汗があるか、左右どちらかなのか、発汗の範囲はどの程度か、入浴や運動した時に無汗症状はないかなどが聞かれます。

それによっては甲状腺機能や膠原病の検査を行う場合もあります。

医師は、どの程度の発汗があるのかを見て診断します。
多汗症は一日中汗が噴き出しているわけではないため、診察の時に汗をかいていない場合は、手をこすったりしながらすこし刺激して発汗するかを見ます。

目で見て手の平に水滴があるのが確認出来たら多汗症といえます。

その後、発汗計で湿度や波動を計測します。

手で握るだけなので簡単な検査です。

このような診察によって多汗症の程度がわかります。

多汗症の進行度合いを把握することで自分に適した多汗症治療を進めることができます。

イオントフォレーシスは、第一段階でよく行われる多汗症治療として有名です。

イオントフォレーシスのメリットは副作用がないこと、痛みがないことですが、デメリットとして長期間の治療が必要なことです。

皮膚科に週に2~3回通い続けるのが負担に感じる人も結構います。

仕事や家事や育児があればなおさらです。

そんなひとには、海外からイオントフォレーシス機器を購入して自宅で治療することも可能です。

英語が読めない人でも、日本語のホームページが開設されているメーカーもありますし、サポートも日本語でできる会社があるので興味のある人はチェックしてみてください。

>>>イオントフォレーシス治療器『saalio』で手汗・脇汗は治る?効果は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*