脇汗、手汗、足汗ひどい。多汗症治療6選【最新版】

Pocket

脇汗、手汗、足汗ひどい。多汗症治療6選

脇汗がひどいとグレーのTシャツなんてとてもじゃないけど着れません。
オシャレの幅も狭まる脇汗は本当につらいです。

手汗がひどいと人と握手したりもできません。それに、パソコンやスマホが壊れることも…。

足汗がひどいと人のおうちに招かれたときは上がるのを躊躇してしまいますよね。
臭いも気になって靴を脱ぐのが苦になります。

そんな悩みの深い多汗症の最新の治療法を6つ厳選してみました。
あなたに合う治療法はどの方法でしょうか。

 

1.塩化アルミニウムを塗る治療法

皮膚科などでよく多汗症の治療で処方される塗り薬で塩化アルミニウムが主成分のものです。

塩化アルミニウムが汗の水分に反応して汗線を防ぎ、発汗量を減らす効果があります。

ただ、緩和する療法になりますので簡単に行えますが根本的な解決とはならないのがデメリットと言えます。

2.抗コリン剤を内服する治療法

抗コリン剤を内服する治療法で多汗症治療でよく処方されます。

発汗を促すアセチルコリンという物質の働きをおさえる効果があり、多汗症の症状を緩和する方法になります。

お子様などに服用される際などは特にお医者さんの指導に従って服用させてあげてください。

3.イオントフォレーシス治療

イオントフォレーシス機器につないだトレイに水をはり、手足などの患部をつけて電気を流す治療法です。
水に電気をながすことで発生する水素イオンにより、汗腺をちいさくし汗を出にくい体質にする治療法になります。

皮膚科やクリニックでも第一段階ですることの多い治療法です。効果的な治療法なのですが、通院を長期間にわたりする必要があります。そのため、通うのが億劫になり途中でやめてしまうひとも。

ですが効果は出やすいので海外から家庭用のイオントフォレーシスを輸入するひとも増えてきています。

4.ボツリヌス菌の注射治療

交感神経から発汗を命令するアセチルコリンのはたらきや筋肉の収縮をおさえることで、発汗神経に働きかけ汗腺のはたらきを抑える効果があります。
主に美容クリニックでの治療が可能です。

5.超音波により汗腺を破壊する治療

ミスドライともよばれる治療法で、超音波により汗腺を破壊し発汗を抑える治療法です。
体にメスを入れないので、比較的患者さんの負担が少なくてすみます。

6.交感神経切除手術

多汗症の治療法で有名な手術です。
交感神経を切除して、汗を出なくする治療法です。
全身麻酔をし、内視鏡を使って胸部の交換神経節をとります。
多汗症の完治が期待できる治療法ですが、術後のケアなどきちんと行ってくれる病院を慎重に選ぶ必要があります。
また、メスを入れるので体への負担が大きいのがネックです。

いかがでしたでしょうか。
最新版の多汗症治療法6選を紹介してきました。

これらの治療法の中で、手術による治療は完治する可能性は高いと言われていますが、全身麻酔によるメスを入れる手術になりますので、体への負担も大きいですよね。

体にメスを入れない方法で効果が期待できる方法のイオントフォレーシス治療は人気です。

イオントフォレーシス治療は皮膚科やクリニックで治療できます。ただ、デメリットが週に何度も治療に通わなくてはいけないこと、長い期間かかることです。

そのため、自宅で自分で出来るイオントフォレーシス機器を購入するひともいます。
家で自分で出来たら、途中であきらめたりすることもなく、最後までしっかり治療できますよね。

多汗症は遺伝的なものもあると言われていますので、家族で悩んでいる人がいるご家庭ではイオントフォレーシス機器が一家に一台あると、家族みんなで治療できるのもメリットと言えますね。

日常生活の中であなたに負担の少ない治療法を選んで、多汗症を治して快適な生活が送れるようになることを祈っています。

イオントフォレーシスを自宅で使用してみたい方は、こちらにまとめた記事も読んでみてくださいね。
↓↓↓

イオントフォレーシス治療器『saalio』で手汗・脇汗は治る?効果は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*